相手に伝わる英語って?話せるようになるための練習法♪

ふたりごと

 

ネコ好き 管理人

本日のテーマは『相手に伝わる英語』。

自分の言いたいことが相手に伝わる、英語で話せるようになるための練習法をご紹介します。

 

ニャー

例文通りの英語を言ったはずなのに、キョトンとされたことが何度もあるよ。

ジェスチャーで何とかなったけど…。

 

相手に伝わる英語って?

 

ネコ好き 管理人

相手に伝わる英語って、どんな英語だと思う?

 

ニャー

えっと、「発音が良くて、正しい英語」かな?

 

ネコ好き 管理人

「正しい英語」?

 

ニャー

文法のルールに従ってるとか、ネイティブがよく使う表現とかさ。

“ブロークンイングリッシュ”じゃないってこと!

 

ネコ好き 管理人

たしかに、発音や文法も大事だよね。

じゃあ、ニャーにとって『伝わる日本語』は?

 

ニャー

え…日本語?

そうだなぁ、、、何を言いたいのか、知りたいのか、わかりやすいってことかな?

 

ネコ好き 管理人

「伝わる英語」も同じだよ。

無理に難しい言葉や“ネイティブっぽい”表現を使おうとしなくて大丈夫!

大切なのは「わかりやすさ」。シンプルでOK!!

 

ニャー

だけど、幼稚に思われないかとか、失礼にあたらないかとか、心配だなぁ。

それに、言いたいことが英語にできないことが結構あるんだよ。

 

ネコ好き 管理人

最初から「ネイティブみたいに話す」とか「相手や状況に合わせて話す」のは無理だよね。

それは、話す経験を積んで、身につけていくしかない。

母国語を学ぶときだってそうだから。

 

ニャー

ふーん、わかった。

それなら、たくさん練習するから、言いたいことを英語で言うための勉強法があれば教えて。

 

話せるようになるための練習法は?

 

ネコ好き 管理人

では、話せるようになるための練習法を紹介するね。

発音の練習も一緒にすると「伝わる英語」にグッと近づくよ♪

 

練習法①自分が見たものを英語にする

まずは、自分が見たものをすぐ英語で言えるようにトレーニングしてみてください。家の中にあるもの、毎日通る道にあるものなど、日々復習できるものから取り組むとGood♡

 

身の回りのもの

 

練習法②自分が思ったことを英語にする

自分が思ったこと、感じたこと、自分の気持ちを英語にする練習をします。

 

考えてること

 

ニャー

例えば、どうやって??

 

ネコ好き 管理人

最初は自分が言いそうな言葉を調べておいて実際に使う練習をしたり、海外ドラマやトーク番組などを見て、『この状況で、この言葉を言うんだ!』って語彙を増やしたり、色んな勉強の仕方があるね。

もちろん、英語で日記を書いてもいいよ。

 

ニャー

「オーマイガー!」「イェイ~!」とかなら自然に出てくるんだけどな。

もっと英語に慣れよう!

 

ネコ好き 管理人

気になったことを質問する練習もできると良いね。

練習相手がいなかったら妄想でも良いので、「Do you think ~ / ~って思う?」「Why did you ~  / どうして~したの?」など、すぐ口から出てくるように質問表現も練習してみてね。

 

練習法③身の回りのものを英語で説明する

ものの名前を英語で言えるようになってきたら、それがどんなものか英語で説明する練習も役に立ちます。

 

ポイントは、英語の順番で考える・話すこと。

最初は難しいと思いますが、This is ~などからで良いので、主語・動詞~の順番で考える / 話すことに慣れていってください。

 

掃除機

 

ニャー

ニャーもこれくらいなら言えるよ。

だけど、関係代名詞とか使おうとすると混乱しちゃうんだ。

例えば「This is the vacuum which I bought a few years ago. / これが数年前に買った掃除機です」とかさ。

 

ネコ好き 管理人

日本語訳から考えると混乱するよね。

なので、英語の順番で考える練習をしてね。

  • This is the vacuum / これが(あの)掃除機だよ、
  • which I bought a few years ago. / 数年前に買ったやつね。

 

ニャー

あ、そっか。

「わかりやすく」ってことを忘れてた。

which以下は説明の付け加えだから、最初からごちゃごちゃ考えなくて良いんだ。

 

ネコ好き 管理人

そうだね。

相手に何を伝えたいか、自分の気持ちと言葉をつなげることも忘れないでね。

とってもうるさい!」って言うときは『It’s very noisy!』って強調して話したり、はっきり否定・拒否したいときはno / notの部分を強く言ったりね。

 

ニャー

にゃるほど。

これまで、日本語で考えたことを上手く英語に訳そうとしてたけど、英語の話し方に慣れる・自分の伝えたいことを伝える練習を頑張るよ!

シンプルが一番!!!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました