思ったことを英語で言う!1人で出来るSpeaking練習法

海外旅行で、必要なことを伝えたり、尋ねたりする程度であれば、単語や例文の暗記でも何とかなるかもしれません。

 

でも、実際に英語を会話で使う時は、

 

 自分の好きなことを詳しく話す

 意見や理由を聞かれて答える

 何かの感想について伝える

 

…など、思ったことを口に出して、相手に理解してもらうことが重要です。

 

そこで今回は、自分の考えを英語にして伝える練習方法について、ご紹介します。

スピーキングが苦手な理由

 

恥ずかしがり屋だったり、間違えるのが嫌だったり、人によって英語が話せない理由は様々だと思いますが、

 

話す努力はしているけど、スピーキングが苦手!

 

…という場合、

 

  1. すぐに英語が出てこない
  2. 言葉にするほどの意見がない

 

…ということが、日本人の場合けっこう有ります。

 

言いたいことが英語で言えない

 

相手の言っていることはわかるのに、自分の言いたいことが英語で言えない。

 

日本語(母国語)だったら言えるのに『英語だから言えない』というだけの場合は、思ったことを英語にするトレーニングを積めば、比較的早くスピーキング力は上達します。

 

そもそも意見や理由がない

 

ちょっと厄介なのは、意見や理由が頭の中でまとまっていなかったり、自分の言いたいことがはっきりしていなかったりする場合。

 

こういう時は、何語でも、相手に自分の思いを伝えるのは難しいです。

 

日本の学校で教育を受けた場合、『自分はどう思うか?』を考えたり、発言したりする機会って少ないです。

 

もちろん、全部の学校や先生がそういうわけではないですが…

 

先生の話をよく聞いて、教科書をよく読んでいれば、正解や答えがあります。

それを素直に覚えたほうが、先生の言うことに疑問を持つより、効率的に良い成績がとれたりします。

 

だから、英語環境でいきなり意見や理由を求められても、

 

何となく思うことはあるけど、意見や理由というほどでもない。

自分の考えをわかりやすく、まとめられない。

 

…ということになりがちです。

 

1人で出来る!オススメの教材や練習方法

 

上記のような、

 言いたいことが英語に出来ない

 自分の考えを説明できない

 

…という場合、やはり普段から練習する必要があります。

 

これらの練習は、お金を払って英会話教室に通うより、自分1人の方が経済的・効率的にスピーキング力をつけることが出来ます。

 

オススメの教材

 

『思ったことを英語で言う』練習をするのに、とても役に立つのはTOEFL iBTのスピーキング対策の教材。(Amazon

 

TOEFL iBTのスピーキングは、面接形式ではなく…

  1. コンピュータの出題した問題を理解し、
  2. 制限時間内に自分の考えをまとめ、
  3. 与えられた秒数の間にコンピュータに向かって話します。

 

問題の例は、

家族の中で、あなたが尊敬する人は誰ですか?

その人物について具体的に説明し、選んだ理由も答えてください。

 

上のような問題は、もっとも基礎的なもので、実際のテストでは15秒で考えて、45秒で回答。

難しくなってくると、提示された文章を読んだり、会話文・レクチャーを聞いたりして、要約・自分の意見・理由などを答えます。

 

そのため、リスニング・リーディング・ライティング・スピーキングの全ての力を鍛えられ、問題集1冊を繰り返し練習するだけでも、その場で考えて英語で答える力がつきます。

 

練習方法

 

TOEFL iBTは受験しなくても良いのですが、オススメの練習方法は対策問題集などを準備して、

 

  1. 問題文と解答例について、理解する
  2. 解答例を参考に、自分の回答を書く
  3. 単語や文法で不安なものは調べる
  4. 自分の回答を音読して練習する
  5. 自分の声を録音して聞く…

 

↑この練習を繰り返して英語に慣れてきたら、

 

  • 問題(質問)を読んで/聞いて、自分で回答を考えて書く
  • 書いたものを見なくても、自分の考えが言えるように練習する

 

など、難易度を上げていってみてください。

現在は、教材だけでなく、アプリなども出ています。

 

個人的には、『例文やフレーズを暗記する』ことに力を入れるより、『自分の考えを英語にする』ことに集中して取り組む方がオススメです。

 

私は、この方法で勉強して、海外の大学院で講義やレポート、プレゼンテーション、ディスカッションなど、問題なくこなせるようになりました。

 

もし、『TOEFLはアカデミックな内容過ぎて自分には合わない』と思う方は、仕事の面接などで聞かれる質問に対して、英語で自分の考えを言う練習をオススメします。

 

  1. 自分の考えを素早くまとめる
  2. わかりやすく英語で話す

 

…というスキルを練習して身につけることで、英会話でも『自分の思ったことを英語で言う』ことが出来るようになります。

 

まとめ

 

  • まずは自分がスピーキングが苦手な理由を考えてみる
  • 『思ったことを英語で言う』練習はTOEFLのスピーキング教材がオススメ
  • 記憶力より、考えたことを英語にするスキルのほうが重要

コメント

タイトルとURLをコピーしました