効率的に英語を学ぶための準備&学習の進め方

英語の勉強法

 

「とりあえず頑張る!」のは、時間と労力の無駄。

英語を勉強するときも、準備や手順を整えることはとても大切です。

 

英語を学ぶ目的や現在の状況は、1人ひとり違いますよね。

だからこそ、自分専用の学習計画を立てて取り組むことが効率的&効果的な学習には欠かせません。

 

そこで今回は

  • 効率的に英語を学ぶための準備&学習の進め方

5つのコツをご紹介したいと思います^^

 

効率的に英語を学ぶための準備&学習の進め方

 

1.現状を把握する

頭のなかにある考えや今やっていることを書き出そう!

 

  • 英語を勉強してどうなりたいのか
  • 今どんなことをやっているのか

 

まず最初に、自分が目指していることや取り組んでいることを書き出します。

 

現状を把握する

 

誰かに見せるものではないので、自由に書いてOK♪

 

書き出してみると気づくこと、色んな願望などが浮かんでくると思います。

自分の考えや可能性を否定せず、気づいたこと・思ったことをどんどん書いてみてください。

 

2.目標を具体的にする

自分が目指しているものを明確にしよう!

 

効率的に勉強を進めるには、明確なゴールが必要です。

 

もし、今の目標が「英語ができるようになる」「いつか海外に住む」のような遠くてぼやっとしたものだったら、できるだけ具体的な目標に置きかえてみてください。

 

  • どんなことができるようになる?
  • いつどうする?どこに住む?どんな仕事…?

 

ここで重要なのは、自分が本当に実現したいことは何か考えることです。

まわりの「こうすべき」「これができたほうがいい」という声に惑わされない。

 

あれもこれも…とたくさん目標がある場合は、優先順位をつけることをおすすめします。

的をしぼったほうが集中して取り組めるからです。

 

3.やることを決める

目標達成のために何が必要か考えて、学習計画を立てよう!

 

必要なことをやる

 

「こうなりたい」「これを実現したい」という自分のゴールが明確になったら、そのために必要なこともはっきりしてくると思います。

 

目標達成のために

  • どんなスキルや点数が必要か
  • そのために何をする必要があるか

 

自分に必要なこと/やることを整理して、何から取り組むか決めてみてください。

 

学習計画はシンプルでOK。

これからわかってくること、気づくこともあるので、完璧で緻密な計画を立てようとしなくて大丈夫です^^

 

ここまでが準備でした。

あと2つは学習の進め方についてです。

 

4.生活に取り入れる

いつ・何をやるか、自分の生活にあわせて工夫しよう!

 

実際に行動を起こすために重要なのは「いつ・何をやるか」決めておくこと。

 

  • いつ
  • 何をやる?

 

「できるときにやろう」と思っていると、疲れていてできなかったり、できない日が続くと勉強が億劫になってしまったり…という悪循環におちいる可能性もあります。

 

そうならないためにも、自分の生活スケジュールや性格、目標にあった学習計画を立てることが大事です。

 

5.定期的にふり返る

成長や成果を定期的に確認しよう!

 

効率的&効果的な学習に欠かせないのが「ふり返り」です。

 

勉強を「ただ続ける」だけではなく

  • やったこと
  • できるようになったこと

などをふり返ることで、時間の使い方や学習の内容・取り組み方などを見直すきっかけになります。

 

新しいことを学んだり、いろいろな人の話を聞いたり、英語を勉強しているうちに目標が変わることもありますよね。

ふり返りは、目の前のやることに固執せず、自分にとって最適な道を選ぶのにも役立ちます。

 

ふり返りの頻度は、毎日でも毎週でも自分で決めてOK。

ふり返りを習慣にすることで、勉強の質に変化が出てきます^^

 

ニャー

ニャーはまわりの声やおいしい話につられやすいから、目標や学習の記録を毎日書いてるよ~

書いてみることで、「あっ!」って気づくことが結構あるんだ♪

 

関連記事【大人の英会話学習】「聞き流し」を効果的に使う方法は?

まとめ

 

効率的に英語を学ぶための準備&学習の進め方

 

1.現状を把握する

2.目標を具体的にする

3.やることを決める

4.生活に取り入れる

5.定期的にふり返る

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました