人の目が気になって英語が話せない…上達のために変える2つのことは?

英語の話

 

  • 人の目が気になる
  • 間違えたくない、怖い
  • いろいろ考えすぎて話せない

 

英語を話す練習はしたいけど、まわりの目が気になって積極的に話せない」という人は多いのではないでしょうか。

よくあるアドバイスは、「気にしなければ大丈夫だよ」「みんな他人のことなんて見てないよ」といったものだと思います。

 

しかし、「気にしなければいい」と言われると余計に気になってしまう場合もありますよね。

 

そんなとき、変えられるものは2つあります。

  1. 環境を変える
  2. 自分を変える

 

変えるもの2つ

 

英語を話す相手や場所などの環境を変えること、自分自身の物の見方や考え方を変えることで、英語を話すのが楽しくなり、上達のスピードもアップします♪

 

人の目が気になって英語が話せない→上達のために変えること

1.話す相手や場所を変える(環境を変える)

英語学習に限らず、その人にとって「伸びる環境」と「伸びない環境」があります。

“その人”というより、“その人の状態”と言ったほうがいいかもしれません。

 

例えば、自分の英語に自信がない、うまく話せない…と悩んでいるとき、間違いばかり指摘されたり、不安になることを言われたりしたら、英語を話すのが怖くなりませんか?

そんな状況が続けば、伸びないどころか、さらに自信を失ってやる気もなくしてしまいますよね。

 

人の目を気にしないためには、自分の物の見方や考え方を変えるのももちろん大事。

だけど、いくら自分が頑張ってもまわりからチクチク言われたら嫌な気持ちになるし、重要なことに集中できません。

 

そんなときは我慢せず、自分が動いて英語の練習相手や場所を変えましょう!

 

  • 練習相手を変える
  • 英語を話す場所を変える
  • 参加するグループを変える

 

いろいろ試してみると、素の自分になりやすい環境や話しやすい相手がわかってくると思います。

 

ニャー

怖がらず、恥ずかしがらずに話せる環境だと上達しやすいってことだね!

でも、人と自分を比べちゃうときはどうしたらいいのかにゃ~?

 

自分と似ている人や共通点のある人がいると、ついつい比較してしまいますよね。

例えば、同じ日本人、同い年や年の近い人、同じ学校出身、同性の人など。

 

共通点のある人には親近感がわく一方で、「あの人、同い年なのに英語が上手…」「同じ日本人なのに発音いい…」と劣等感を抱いてしまうのです。

 

すぐに人と比べてしまう、他人よりできないことが気になるときは、自分とバックグラウンドが全然違う人と話したり、外国人のみの場所で練習したりするのもいいですね^^

自分と違うタイプの人と話すこと、新しい場所に行くことは、色んな出会いや発見にもつながるのでおすすめです♡

 

2.視点を変える(自分を変える)

「自分の英語に自信がない」「聞かれるのが恥ずかしい」と思うのは、足りないものや欠けているものを気にしているからではありませんか?

ネイティブのような発音だったり、語彙力・表現力だったり、自分にはできないこと・ないものを気にしているのではないでしょうか。

 

自分にないもの・できないことに気づいて、努力しようとするのは悪いことではありません。

しかし、ないものを気にしてネガティブ思考になっているとしたら、英語の勉強や人生そのものにとって悪影響ですよね。

 

実際のところ、練習すれば発音は良くなるかもしれません。

勉強すれば、知っている単語や表現も増えます。

 

でも、「自分にないもの」「できないこと」に注目している限り、英語ができるようになっても自信が持てなかったり、自分のことを好きになれなかったり…。

結局、人の目が気になって自分の人生を楽しく生きることができません。

 

そこで大切なのが、視点を変えること。

「ないもの」「できないこと」を見るのではなく、「あるもの」「できること」を見るのです^^

 

例えば…

  • 英語を話す機会がある
  • 一緒に頑張る仲間がいる
  • 自宅でレッスンを受けられる

 

英語以外のことでも大丈夫。

今あるものに目を向けると、豊かで前向きな気持ちになってきます♡

 

ありがたいという感謝の気持ちがわいてきて、まわりの目を気にするよりも「今」を大切にしたいと思えるはず。

そうすると、目の前の人との会話や英語の勉強に集中できるし、たとえ誰かに嫌なことを言われても、心が豊かな状態ならポキっと折れることもありません。

 

ニャー

「ないもの」より「あるもの」か~。

たしかに、自分が持っているものに目を向けたほうが前向きになれるかも!

 

ネコ好き 管理人

そうだね。

自分に「ないもの」ばかり気にしていると、不安や焦りが増すだけだよね。

 

最初は、視点を変えるのが難しく感じるかもしれません。

物の見方や考え方の癖は、そう簡単には変えられないですよね。

 

でも、すこしずつでも意識して視点を変えてみてください。

あるもの、できることに気づくと心に余裕ができるし、小さな「できた」でも前に進む自信や勇気になります^^

 

関連記事できない・自信がない自分を変える!自信をとり戻す3ステップ

まとめ

 

人の目が気になって英語が話せない→上達のために変えること

 

1.話す相手や場所を変える(環境を変える)

2.視点を変える(自分を変える)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました