やさしい英語を話す人は、人にも優しい。

英語(外国語)を学ぶとき、

 

 ネイティブみたいに話したい

 カッコイイ英語を使いたい

 

と、願うのは自然なことです。

 

でも、『賢く見られたい』自分を優先してしまうと、相手を困らせてしまうこともあるかも…?

 

そんなお話です。

 

意地悪なおじさんの話

 

イギリスで、ある日本人のおじさんに会いました。

何でも、英語圏に30年以上住んでいるそうで、世界で最も権威ある英語試験に(ずっと前)合格したそうです。

 

おじさんは、私がまあまあ英語が得意だと知ると、

 

おまえ、これ知ってるか?

 

と、次々に問題を出してきました。

 

出題されたのは、一部の階級 / グループの人に好んで使われる英単語や熟語、慣用表現、口語では使わないような難しい言葉などなど。

 

はっきり言って、意味をよく知らないものが多かったです。

 

私が正しく回答できないと、おじさんは嬉しそうな顔で、

 

おまえ、バカだな。

 

と言ってきました。

 

イラッとしますよね。

まあ、ちゃんと意味を説明できなかったのは私なので、仕方ないなぁ…と思って気持ちを落ち着かせました。

 

おじさんは調子に乗って、イギリス人でも知らない英語を知っていると自慢を続けました。

 

しばらくして、わかったことですが…

このおじさん、英会話が全然できません。

 

自慢の語彙力(?)を駆使して、相手に話しかけるのですが…

 

 相手がその単語や表現の意味を知らない / 伝わらない

→ おじさんは、簡単な言葉や別の表現で説明できない

→ 微妙な雰囲気になり、会話終了

 

…のように、(発音もかなり自己流なため)相手とのやり取りが成り立たないのです。

 

おじさんの言い訳は『耳が悪いから』。

 

いくら難しい言葉や表現を知っていて日本人に自慢できても、これでは悲しくないですか?

 

簡単な単語や基礎的な表現しか知らなくて、多少カタコトだったとしても、相手と会話ができたほうが楽しいと、私は思います。

 

話し相手のことを考える

 

意地悪なおじさんの例は少し極端でしたが…

日本語(母国語)で話すとき、大抵の人は相手の年齢や属性を考慮して、言葉を選びます。

 

たとえ、相手に伝わらない言葉や表現を使ってしまっても、簡単な言葉で言い直したり、説明を加えたりする人が多いのではないでしょうか。

 

英語を話すときも、話し相手のことを考えて言葉を選んだほうが、親切です。

特に英語は、様々な国で使われていて、日本人のように英語を母国語としない人もたくさんいるからです。

 

グループで会話をするとき、みんなに伝わるように話す人は、優しいなぁと感じます。

 

…とは言え、

 使ってみないと相手に通じるかわからない

 ネイティブがよく使う表現やカッコイイ英語も使いたい!

 

ですよね。

 

なので、実際使ってみて、通じなかったときに

 

  • やさしい(易しい)
  • シンプル
  • 簡単な英語

 

などでフォローできれば、ステキだなと思います 

 

まとめ

 

  • 難しい言葉やスラングは、適切な場面で使ったほうが良い
  • 相手に伝わらなかったとき、簡単な言葉や別の表現で言えると親切
  • 「難しい言葉を多用する=賢い人」ではない

コメント

タイトルとURLをコピーしました