【成功するには?】使える英語を身につける学習マインドセット

個人でネットビジネスを始める人が増えてきて、『ノウハウコレクター』という言葉をよく聞くようになった気がします。

 

ノウハウコレクターとは…

知識や情報の収集ばかりしていて、結果が出せない状態の人

 

だそうです。

 

 完璧に理解してから、やってみよう

 失敗したら、どうしよう

 まだ知識が足りない

 

…と思って、なかなか行動に移せないのは、英語が使えるようにならないパターンに似ているような気がします。

 

英語が上達しにくい人(左)と上達の早い人(右)

英語上達

 

行動に移す前にたくさん勉強しようと努力するのは、真面目で完璧主義な人の多い日本人に有りがちなパターンかもしれないですね。

 

しかし、英語学習では

学ぶ→使う・間違える→身につく

 

という短期的なサイクルを繰り返したほうが、英語の上達は確実に早いです。

 

今回は、英語の上達に役立つ考え方や取り組み方をまとめました。

 

出来ない理由を探さない

 

『英語を身につける』と決めたのは、自分です。

 

 ◯◯だから英語が出来ない

 △△だから勉強する時間がない

 

もっともらしい言い訳はたくさん出てくるかもしれませんが、出来ない理由を見つけるより、自分が出来ることを探して取り組みましょう。

 

完璧を目指さなくて良い

 

目指すのは『自分の立てた目標』です。

それに向かって、前から順番に取り組んでいけば、大丈夫です。

 

学んだことは、すぐに使ってみる

 

例えば、ブラインドタッチ(タッチタイピング)をマスターしたいとき、どうしますか?

 

多くの人が、実際に手を動かして何度も練習すると思います。

参考書だけを読み続けても、絶対に上達しません。

 

 英語も同じです。

 

学んだ知識は、実際に自分で使ってみましょう。

 

インプットとアウトプット

 

インプット(学ぶ)とアウトプット(使う)のバランスやタイミングが大切です。

 

間違えは学びのもとになる

 

間違えることは、恥ずかしいことではありません。

 

英語を学んでいるときに、間違えるのは当たり前のことです。

間違えることで、学び、成長します。

 

間違えたら『新しいこと学べた!ラッキー!』くらいの気持ちで、取り組んでいきましょう。

 

復習はとても大切

 

『間違えたほうが良い』と言っても、ひたすら間違えを量産していても上達するのは難しいです。

 

突っ走り過ぎずに、間違えたら必ず復習しましょう。

自分が学んだことを意識して、丁寧に学習を進めることが大切です。

 

楽な方法を探さない

 

『英語を習得する』と決めたら、覚悟も決めたほうが良いです。

 

「楽しく英語を学ぶ」のは良いですが、『楽に英語を学ぶ方法』を求め始めると、必ず失敗します。

 

助けは借りて良い

 

『助けを借りる=楽をする』というわけではありません。

辞書や参考書からヒントを得たり、英語が出来る人から教えてもらったりするのは良いことです。

 

理解が深まり、早く英語を習得する手助けになるかもしれません。

 

※あくまでも、英語を学ぶのは自分であることは忘れないようにしましょう。

 

「調べる・聞く・伝える」を心がける

 

何かを学ぶとき、わからないことをそのままにせず、すぐに「調べる」のは大切です。

 

さらに、英語を学ぶときは、

 聞く(質問する)

 伝える(意見を言う)

ことも、心がけてください。

 

これは、英語を学ぶときだけでなく、常識や文化の違う人と英語で会話をするときにも、必ず役に立つスキルです。

 

習慣化しても、作業にはしない

 

 英語学習を継続する。

続けることは、英語を習得するために、非常に重要です。

 

ただし、英語学習を習慣化したときに『単語をひたすらノートに書き写す』のような、作業にしてしまうのは避けましょう。

 

毎日行うことでも、1つ1つ真剣に取り組むことで、行動が学びにつながり、実際に使える知識やスキルを養うことが出来ます。

 

まとめ

 

英語を習得するためには…

  • 常に前向きな気持ちで、学習に取り組む
  • 間違えを恐れずに、1つ1つ順番に身につける
  • ノウハウコレクターになるより、行動しながら学ぶ

コメント

タイトルとURLをコピーしました