大人の英会話学習:「聞き流し」を効果的に使う方法は?

英語の勉強法

 

通勤中や家事をしながらできる「聞き流し学習」はとても便利な勉強法ですよね。

 

しかし、ただ聞き流すだけ…だともったいない。

効果がないと感じてしまう人もいると思います。

 

  • どんな教材を選ぶか
  • 何のために聞くか

 

自分のレベルや目的にあった聞き流し教材を選ぶのは、もちろん大事です。

 

そして、おすすめしたいのは

『復習』として聞き流しを使う勉強法

 

聞き流して復習すれば、忙しい人でも効率的に語彙や英会話力をアップさせることができます^^

どういうことか、もうすこし詳しく説明しますね。

 

大人の英会話学習:「聞き流し」を効果的に使う方法は?

 

復習として使う

英会話中級者・上級者の場合、英語のラジオニュースやインタビューを聞いて新しい表現を学んだり、リスニング力を磨いたりすることは可能かもしれません。

 

一方で、初心者の場合。

いきなり英語を聞いても「聞き取れない」「知らない単語ばかり」で自信ややる気をなくしてしまう可能性がありますよね。

 

そうならないためにも、復習として「聞き流し」を使うのはおすすめです。

聞き流して復習することで実際に使える表現が増え、自信もついてきます。

 

ニャー

ニャーのおすすめは、夜に勉強した単語や文を翌朝聞き流して復習することだよ。

繰り返し聞くことで、自分の言葉になってくるんだ♪

 

聞き流しに使う教材は、自分の目的&習熟度にあったものを選ぶことが重要。

単語帳やフレーズ本付属のCD、英会話教材の音声など、意味や使い方、発音などを確認したうえで、聞き流して復習すると学習の質がアップします。

 

「すぐに注意がそれてしまう」という場合は、自分で単語や文を読んで録音したものを聞くのもいいですね。

自分の声を聞くと、発音や話し方をチェックするのにも役立ちます。

 

発音に自信がない場合は、聞き流し以外の学習時間で発音の練習もしてみてください。

英語の音の出し方がわかってくると、スピーキングやリスニング力が上がり、英語の勉強が楽しくなってきます。

 

他の学習と組み合わせる

最初にすこし触れたとおり、ほとんどの人は「聞き流すだけ」では英会話力は伸びません。

 

聞き流しを効果的に使うためには、自分に何が必要か気づくことが大切。

 

例えば、

  • 知っている単語が少ない
  • 正しい発音がわかっていない
  • 英語の文/語順に慣れていない
  • 思ったことを英語にするのが苦手

 

…など、「聞く練習が足りない」以外の課題に気づいて、聞き流し学習と組み合わせることで英語力/会話力はぐーんと伸びます!!

 

ぜひ、聞き流しのタイミングや他の勉強とのバランスを工夫して効果的な学習に役立ててみてください♪

 

関連記事独学で英語ができるようになるための3つのポイント

まとめ

 

「聞き流し」を効果的に使う方法

 

復習として使う

他の学習と組み合わせる

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました