カタカナ発音の直し方:英語の音の出し方を学ぶ方法

悩んでいる方も多い、カタカナ発音(日本語訛りの英語)。

『大人になってから矯正するのは無理!』という声も聞きますが、そんなことはありません 

 

この記事では、

 

 カタカナ発音・日本語訛りが直らないのはなぜか

 どんなことに気をつけて英語の発音を学べば良いか

 

…などについて書いています。

 

カタカナ発音が直らないのは、なぜ?

 

学校や先生によって英語の教え方は違うと思いますが、私はこんな風に学びました。

 

【中学の先生】

r(アール)の発音をするときは、小さい「ウ」を前にいれます。

リピートアフターミー!

ゥーラビット!!

 

…って感じです。

「英単語◎◎=読み方は(カタカナで)◯◯」と習いました。

 

 別に、この先生が悪いと言いたいわけじゃないんです。

私たち生徒も、何だか様子がおかしいとは思っていました…。

 

もし当時の先生が、

先生の真似して発音してね!

…って言ったとしても、私は聞いた音をカタカナに置き換えていたと思います。

 

だって・・・

 カタカナ発音から抜け出せないのは、英語の音の出し方を知らないから。

 もしくは、知っていても自分の口で上手く真似出来ないから。

 

だから、自分が発音できる音、慣れ親しんだ / 楽に音を出せるカタカナで代用してしまうんです。

 

よく知らない音を出す、聞いて真似するのは、とても難しいんです…。

 

いきなり、触ったこともない楽器を渡されて、「今の音、出してみて?」と言われたような感じです。

 

耳で聞いただけの音を真似するのは難しいですよね?

(弾いたことのあるピアノだったら、もしかしたら「ド」とか「ミ」とか出せるかもしれませんが…。)

 

じゃあ、どうやったら、その音を出せるようになるのか。

 

 口の形は?

 息の吐き方、強さ・長さは?

 口の中で、舌はどうなってるの?

 

…など、同じ音を出すために学ぶことがたくさんあります。

 

そして、上手になるためには、繰り返しの練習(復習)が重要です。

 

英語の音の出し方を学ぶ方法

 

 英語の発音を学ぶときも、初めて使う楽器で音を出すのに似ています。

 

最初は1つ1つの基礎の音(母音・子音)から。

 

カタカナ発音を直すには、耳で聞いた音を自己流に再現するのではなく、

 

 口の開け方・形

 舌の位置、力の入れ具合

 息の吐き方、強さ・長さ

 喉の震え

 

…など、英語の音を出すためのポイントを意識して練習します。

 

人によって、

 発音記号と一緒のほうが覚えやすい

 フォニックスが自分には合っている

 

…など、学びやすい方法は違うので、まだ試したことがない方は、一度取り組んでみると良いかなと思います。

 

発音を学ぶときは、高額な教材や対面レッスンではなくても、2~3,000円位のDVD付きの本で十分だと私は思っています。

言葉での説明があまり必要ないという方は、YouTube動画でも学べます。

 

例)アメリカ英語

 

例)イギリス英語

 

☆そして、英語の発音もやっぱり復習が大切です。

 

基礎の音の出し方が身についていないのに、

まぁ、こんな感じでしょ?

…と自分の思っている英語風にして練習していると、知っている音(カタカナや自己流英語)に戻っていきます。

 

『大人になってから発音矯正は無理』という人もいますが、私はそうは思いません。

 

自己流ではなく、基礎をしっかり確認して練習すれば、何歳からでも英語の音の出し方を身につけることは可能です。

 

まとめ

 

  • カタカナ発音は、英語の音の出し方を学べば改善できる
  • 英語らしい発音のためには、基礎をしっかり身につけることが重要
  • 音を聞いて真似るだけでなく、口の使い方などを知って練習することが大切

コメント

タイトルとURLをコピーしました