日本人が上達しやすい英会話学習法♪最初にやるのはコレ!

英語学習法

 

『何年勉強しても、英語が話せない!』

『やり直し英語は、何からやれば良い?』

 

最初に身につけるのは…

ずばり、発音!!!英語の音の出し方・読み方です。

 

「発音」で日本人が上達する理由

 

英語の音の出し方は、日本語とは異なります。

英語の読み方は、ローマ字読みとは違います。

 

だから、英語の音の出し方・文字の読み方を最初に身につけないと…

読み書きが苦痛、時間がかかる。

一生懸命話しても、相手に通じない。

恥ずかしい、自信が持てない。

 

英語の発音

 

でも、英語の音の出し方・読み方を学べば・・・

 

英語の発音ができる。

→相手に通じる。自信を持って、楽しく話せる!

英語のつづりを見て、読み方がわかる。

→カタカナで読み方を書き込まず、英語をスラスラ読めるようになる!

英語を聞いて、スペルがわかる。

→英単語を1文字ずつ暗記しなくてよくなる!リスニング力もアップ!

 

多くの日本人は、学校でたくさんの英単語や表現を習っているので、日常英会話のための知識は十分。

 

発音を習得すれば、蓄積してきた知識とつながり、英語力がぐーんと伸びます。

 

そして、英語を話すことに苦手意識を持っていた人も、正しい発音で相手に通じる・聞き取れるようになるので、自信がついて話すのが楽しくなり、どんどん上達していきます。

 

発音ができると知識とつながる

 

「発音」の学び方

 

発音を学ぶ方法は、何でもOK。

 

動画を見て真似したり、フォニックスを学んだり、色々な学習方法がありますが、取り組みやすいと感じるもので大丈夫です。

DVD付きの本やYouTube、対面・オンラインレッスンなど、自分の性格や得意な学び方に合わせてください。

 

ニャー

英語の音を出す練習するときは、お手本の

  • 口の開け方
  • 歯や舌の位置
  • 力の入れ具合
  • 息の吐き方
  • 喉の震え

…などを、よく観察して真似してみてね。

 

※注意事項

●基礎をすっ飛ばさないでください。

 

英語の音の出し方を習得するのは、超重要です。

1つ1つの音(母音・子音)から練習せずに英語っぽくしようとしても、何かの呪文だと思われてしまうかも。

 

英語の発音

 

●1日で英語の発音は習得できません。

 

発音を身につけるには、日々の練習・復習が大切です。

成果が感じられるまでの時間は人それぞれですが、1ヶ月~数ヶ月かかると思ってください。

 

発音の練習は、何歳から始めても遅くないです♡

 

学習の進め方

 

発音を意識して、学習を進める!

 

英語上達のために「発音から始める」と言っても、「数ヶ月間発音だけ学ぶ」のは微妙ですよね。

 

実際に口を動かしながら発音を身につけるためにも、他の学習と組み合わせて練習するのがオススメです。

 

英語の発音

 

例)基礎的な日常会話ができるようになりたい人の場合

BBCVOAで英語学習用のニュースなどを聞く

●抑揚のついた話し方を真似する発音を意識して練習!

●聞いた話の感想を書く(必要であれば文法や単語の確認)

●書いた文を声に出して読む発音を意識して練習!

●可能であれば、発音の確認や会話の練習をしてもらう

 

学習のポイント

自己流にならないよう、定着するまで定期的に発音の確認をする

☆自分の現在のレベルや目的に合った学習と組み合わせる

☆「読む・書く・聞く・話す」スキルのバランスを考える

 

ニャー

難しく考えすぎず、自分に必要なことからやれば大丈夫だよ。

シンプルが一番だにゃ~☆

 

関連記事:ニャーはどうやって英語の発音を練習したの?

 

まとめ

 

最初に「発音」の練習をすると、上達しやすい!

読み書きの基礎スキルが身につき、持っている知識とつながる

英語を読むのが楽しくなり、話す自信もついてくる

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました