【FAQ】目標「英語が話せるようになりたい」じゃダメなの?

よくある質問

 

前回は「自分に合った勉強法」を探すより重要なことについて書きました。

 

具体的な目標を持つことが大事と書いたのですが、

  • 目的や目標を決めないとダメなの?
  • ざっくりと「英語が話せるようになりたい」じゃダメ?

と思う人もいますよね。

 

そこで今回は「目標」についての疑問に回答していきます♪

 

質問:目標が「英語が話せるようになりたい」じゃダメなの?

回答:ダメじゃないです^^

何ができるようになりたいのか、どうなりたいのか、自分でわかっていればOK。

 

漠然と「英語が話せるようになりたい」と思っているだけだと、

色んな教材やアプリを試したけど成果が出ない

基礎ばかり繰り返して上達しない

お金や時間をかけたわりに伸びない…

みたいな状況に陥ることがあるので、どうしたらいいのかわからないときは自分の目標を確認したほうがいいと思います。

 

ニャー

「英語が話せるようになる」と言っても、海外旅行の英会話か仕事で使う英語か、目指しているものによって必要なことが違ってくるもんね^^

 

上達のコツ

 

もし「とくに目標はない」としても、前向きに行動できているのなら、無理に目標を決めなくても大丈夫です。

 

今すぐ大きな目標が見つからなくても、目の前の「これをやってみたい」「これができるようになりたい」という気持ちを大事にしてみてください。

1つずつ取り組んでいくことで、新しい道が見えてくると思います^^

 

目標があると行動しやすくなる

英語に限らず、私たちは「自分がまだできないこと」を難しく考えがちです。

 

色々やっているのに上達しないと、

  • センスがないと無理じゃない?
  • やっぱり子供のころからやらないと…
  • あれがないと、これができないと…

のように、できるための条件を加えたり、できない理由(言い訳)を考えたりしてしまいます。

 

人生迷子

 

私は学生時代、「編み物ができるようになりたい」とずっと思っていました。

基本の表編みと裏編みはできたのですが、自分は不器用だし、編み間違えても直し方がわからないし…と色んな本を読むだけでなかなか行動できませんでした。

 

しかし、あるとき「父の誕生日にニット帽をプレゼントしよう」と思い立ち、友だちに教えてもらいながらニット帽を作りました^^

それから、「次は靴下を編もう」「2色のスヌードを作ろう」「柄入りのニット帽に挑戦しよう」と何を作るか決めて編んでいたら、色々できるようになってきました。

 

目標があると、『やること』が明確になって行動しやすくなります。

そして、行動しているうちにできることが増えたり、机上ではわからなかったことが理解できたり、次の目標が見えてきたり…と、どんどん成長していけます。

 

なので、基礎を繰り返してばかりで上達しない、0から100に大ジャンプする方法を考えて動けない…という人は、まず小さな目標を決めてみてください^^

 

ニャー

実はニャーも料理上手になりたいとずっと思ってたんだけど、調味料を集めてばかりで…

きょうの晩ごはん、何を作るか決めて挑戦してみるにゃ~^^

 

関連記事英語上達のために「自分に合った勉強法」を探すより重要なこと

まとめ

困っていなければ、無理に目標を立てなくてもいい。

具体的な目標があると、行動しやすくなる。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました