【FAQ】バカでも英語が話せるようになる方法ってある?

よくある質問

 

ニャー

今回のよくある質問(FAQ)は、バカでも英語が話せるようになる方法ってある?だにゃ~^^

 

もともと、友達や仕事で知り合った人からノリで聞かれることが多かったのですが、最近はSNSやブログでも「バカでもできるようになりますか~?」みたいな質問が増えました。

 

この質問は、人や状況によって回答がぜんぜん違うと思うのですが、ここでは私が考えていることを書きたいと思います^^

 

質問:バカでも英語が話せるようになる方法ってある?

回答:ある!!けど、期待している答えとは違うかも…?

どんなことができなくて困っているのか、どうなりたいのか、そういったことがわかれば「話せるようになる方法」を提案することはできます。

 

しかし、提案するのはいわゆる「勉強法」「練習法」なので、『寝ている間にできるようになる』みたいな方法を求めている人にとっては、期待はずれかもしれません^^

 

自分が知りたいことを知るためには?

『バカでも英語が話せるようになる方法ってある?』という質問の意図や知りたいことは人それぞれだと思います。

 

例えば…

  • 学校の成績が悪くても、英語は話せるようになる?
  • 色んな方法を試したけど全然上達しない…こんな自分でも大丈夫?
  • 勉強が苦手!なんかいい方法があるなら教えて欲しい~

 

私は、「バカでも~」と質問してくる人が、本当にバカだとは思っていないです。

実は謙虚な人、恥ずかしがり屋な人がけっこう多いのではないでしょうか。

 

本当に英語が話せるようになりたい場合、「バカ」という一言でまとめてしまうと、相手に悩みや困り感が伝わらない可能性が高いです。

自分に合った勉強法や上達する方法を知るためには、ちょっと勇気がいるかもしれませんが、自分の知りたいことや目標を明確にして、適切な相手に相談してみてください♡

 

いま何をしていて、どんなことができなくて困っているのか

自分はどうなりたいのか、何ができるようになりたいのか

 

ニャー

たしかに…

『バカでもできる方法ある?』だと、楽したいと勘違いされて「そんな方法ないよ」「天才も勉強するよ」とかお説教されそうだにゃ~

 

「バカ」という言葉で片付けずに自分の現状や目標を知ることで、英語の勉強はもっともっとシンプルになります。

複雑に考えすぎない、複雑なことをやろうとしないことが大事!!

 

ぜひ、「自分はこうなりたい」「これができるようになりたい」「これを実現したい!!!」という気持ちに素直になってみてください♡

誰かに相談するときは、悩みや目標をできるだけ具体的な言葉で伝えることをおすすめします^^

 

関連記事【FAQ】目標「英語が話せるようになりたい」じゃダメなの?

コメント

タイトルとURLをコピーしました