英語上達のコツは、自分で学びの機会を作ること。

日本人が英語を話せないのは、学校教育に問題がある 

 

これは、よく聞く話ですね。

 

確かに、英語を話す機会がほとんどなく、文法学習や単語を正しく書くことなどに力を注いでいては、本当に自分の言葉として英語が使えるようになる可能性は低いです。

 

しかし、英語の授業がスピーキング中心だったら、日本人は英語が話せるようになるのでしょうか。

 

英語上達のコツ

 

現実的に考えて、週に数時間の授業だけで英語がペラペラになるのは難しいでしょう。

特に、間違いや失敗を恐れる傾向のある日本人にとって、英語が話せるようになるには、英語に慣れたり、練習したりする場が必要です。

 

そのため、『日本の英語教育が変わる』『簡単に英語を学べる教材が開発される』というチャンスを待つのではなく、自ら英語に触れる機会を作る・増やすことが英語上達のコツです 

 

では、具体的にどのような行動を起こせばよいのでしょうか。

 

 

英語に触れる機会を作るには?

海外留学だけじゃない

 

一昔前は『英語が出来るようになるには、海外留学しかない。』みたいな雰囲気もありましたが、今は違います。

 

近年は、駅前留学やインターネットが普及したことも手伝い、『海外留学せずに、英語がペラペラになった。』という話も聞くようになりました。

 

外国人とすぐに話さなくても良い

 

英会話カフェに出向いてみたり、Skypeでオンラインレッスンを受けてみたり…

 

 英語スピーカーと直接話す機会を作るのは、とても良いことです。

『英語、頑張ろう!』と気合いを入れるきっかけにもなります 

 

一方で、『最初から、外国人の輪に入るのはちょっと…』と、ハードルが高く感じる方もいると思います。

また、練習相手が必要だと、時間やお金を工面するのが難しい場合もありますよね。

 

では、どうすれば良いかというと、まずは、自分の毎日の生活の中で、英語に触れる機会を増やすことをオススメします。

 

普段の生活に英語を増やす

日課・好きなこと×英語

 

自分の日課や趣味・好きなことを少しずつ英語にすり替えると、英語学習に拒絶反応を起こしにくく、自分に身近な英語から学ぶことができます。

 

(その人の性格にもよりますが)いきなり、落ち着けるはずの家の中が英語だらけになったら、英語を学ぶことに嫌気が差してしまう場合もあります。

 

毎日の生活に英語を取り入れる例は…

 

 1日の予定や日記を英語で書く

 英字紙や海外の雑誌を読んでみる

 SNSで英語の投稿・コメントをする

 英語のテレビ番組やドラマ・映画を観る

 英語スピーカーが講師のヨガDVDを見る

 洋楽を聞く / 好きな歌手の歌詞を音読する

 冷蔵庫に野菜の絵(写真)と英語名を貼る

 

・・・など、普段の生活や好みに合わせて、選択肢は果てしなくたくさんあります。

 

長時間使う人も多い、インターネットやSNS、YouTubeなどを上手く活用できると良いですね 

 

バランスを大切にする

 

英語上達の目的で日常生活に英語を取り入れる際、重要なのはバランスです。

 『聞くだけ』『見るだけ』ではなく、英語を使う時間も増やしてください 

 

「聞く・見る・読む」など、英語をインプットするだけでなく、書いたり、話したりして、アウトプットもすることが学びにつながります。

 

まずは音読や暗唱で自信をつけてから、スカイプや対面での英会話、テキストチャット・Eメールペンパルなどに挑戦してみても良いですね。

 

最初は、少し英語を使うだけでも疲れてしまったり、なかなか上達せずに焦ったりすることもあると思いますが、自分の生活に英語を取り入れることで「いつの間にか英語で考えていた」「英語のほうが表現しやすい」ということも出てくるようになります。

 

英語のある生活が自然になるよう、英語を使う機会を増やし、継続してみましょう 

 

ChanceとOpportunityは違う

 

今回の記事では、英語上達のための『機会』について、ご紹介しました。

日本語では、chanceもopportunityも『機会』と訳される場合がありますが、これらの単語が持っている意味は同じではありません。

 

  • chance

→チャンス、偶然のこと、見込み・可能性、運、など。

 

  • opportunity

→好ましい機会・状況、仕事や勉強の目標達成に良い機会、など。

 

例えば、片思いの相手と付き合いたい場合。

 

 見た目に気合を入れ、片思いの相手に気付いてもらえるチャンス(chance)を待つ

 

 相手と共通の趣味・好みなどをリサーチし、話しやすい機会(opportunity)を作る

 

最終的には相手しだいで運任せなのですが…

一生来ないかもしれないチャンスを待つより、行動を起こしたほうが良いと考える人はたくさんいますよね!

 

(ちょっと例えが無理やりですが)英語の場合も同じで、大切なのは、自分の出来る範囲で上達するための機会を作ること。

 

その中で訪れる好機もあるので、もし、チャンスの神様が現れた時は、がっちり前髪を掴んでください 

 

まとめ

 

  • 英語上達のコツは、日常生活で英語に触れる機会を増やすこと
  • 『見る・聞く・読む』だけではなく、『話す・書く』機会も増やす
  • チャンスを待つのではなく、自分から機会を作るようにする

コメント

タイトルとURLをコピーしました