英語上達のために「自分に合った勉強法」を探すより重要なこと

英語の勉強法

 

ニャー

こんにちは!

きょうは、英語上達のために重要なことを紹介するにゃ~^^

 

最近、「自分に合った◯◯」という言葉をよく耳にしますよね。

自分に合った仕事、働き方、勉強法など。

 

英語の勉強をするときに「どんな勉強法が自分に合っているんだろう?」と考える人は多いのではないでしょうか。

 

もちろん、自分が覚えやすい方法、楽しめる方法で学ぶことは大切だと思います。

学習を継続するためにも「どうやって学ぶか」は重要ですよね。

 

しかし、もっと重要なのは「何のために」です。

1.何のために

2.何をやる

3.どうやって

 

何のために何をどうやって

 

たとえば

1.単語テストで満点をとるために

2.単語を20個覚える

3.手で書いて覚える

 

「何のために」「何をやるか」が明確なら、「どうやって」の選択肢もしぼられますよね。

 

何を目指しているか、目的・目標が具体的であればあるほど、やることがはっきりして学習に取り組みやすくなります。

 

「どうやるか」で迷う前に「何のために」「何をやるか」はっきりさせる

学生さんだったら、目の前のテストや受験のために何をする必要があるか、比較的明確だと思います。

期限や「絶対に志望校に受かりたい」のような強い気持ちがあれば行動を後押ししてくれますよね。

 

一方で、大人・社会人や「どうやるか」で立ち止まってしまう人の場合。

英語ができたらいいなと思ってはいるけど、何を目指しているのか漠然としていたり、まわりの声にふり回されたりしているのかもしれません。

 

どうしたらいいかわからない現状を打開するためには、方法を探すよりも「自分が求めているもの」に気づくことが大切です。

 

どうして英語ができるようになりたいのか。

英語ができるようになって何をしたいのか。

 

英語を学ぶ目的・目標がはっきりすれば、どんなスキルを磨く必要があるか、いつまでに何をやるかといったことも決まってきます。

やることがたくさんある場合は、自分にとって必要なことから優先順位をつけて取り組めば大丈夫です。

 

優先順位をつけて取り組む

 

1.何のために

2.何を、どんな順番でやるか

3.いつ、どこで、どうやって(何を使って)やるか

 

「この勉強法が自分に合っている」「こうじゃないとできない」と決めつけてしまうより、そのときの目標やつまずき、ライフスタイルなどに合わせて勉強法を柔軟に工夫したほうがスムーズに前に進めると思います。

 

ニャー

ふんふん。

うまくいかないときは、過去の成功体験にこだわるのをやめるのも大事ってことだにゃ~

 

ネコ好き 管理人

そうだね^^

自分の可能性を制限せずに、本当にやりたいことを目標にすることも大切だよね♡

 

「簡単にできるようになる方法」や「遊ぶだけで英語が身につくアプリ」など、気になるものはたくさんありますが、ぜひ「自分は何を目指しているか」を忘れずに、現状に合わせて勉強法を工夫・改善してみてください^^

 

ニャー

ニャーはすぐ甘い言葉につられちゃうからな…

目標と期限を明確にして行動するよう頑張るにゃ~^^

 

関連記事【独学で英語を学ぶコツ】停滞期を乗り越える方法は?

まとめ

どうしたらいいか、何をするかで迷ったら、自分は何のために英語を勉強しているのか確認することが重要。

1.何のために」「2.何をやる」「3.どうやって」の順番で頭のなかを整理する。

いつ、どこで、どうやって(何を使って)やるか決め、目標に向かって学習を進めながら勉強法を工夫する。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました