ネイティブも発音を学ぶ?英語の音読学習をする前に…

『英語学習は、口に出して読むのが大事!』というのは、よく聞きますね。

確かに、聞くだけ・目で読むだけ・書くだけ…よりも、話すこと(音読)も組み合わせて、学習を進めることが大切です。

 

そして…

 音読学習をする前に、英語の『音』の出し方を知っておくことは、とても重要です!

 

英語の発音を学ばずに、”自己流読み”や”カタカナ発音”で学習を進めてしまうと、『いざ英語を使う時に通じない』という悲劇や、スペルが覚えられない、音読が苦痛すぎる、などの弊害が大量に発生して、もう嫌になります

 

日本の学校で英語を習って『発音にあまり自信がない』という方も、英語の発音を身につけるのは今からでも遅くないので、一度確認してみてくださいね。

 

ネイティブも発音を学ぶ?

英語の母音と子音

 

英語でも日本語でも、母国語の発音は自然と身につくようなイメージがありますが、実はそうでもないんです。

 

日本では、就学時検診で発音のチェックがありますが、小学校に上がったばかりの頃は、本人が『さる』と言っているつもりが『たる』に聞こえたり、『れいぞうこ』が『でいぞうこ』になったりする子もいます。

 

英語の発音

 

このように、日本語で最初に学ぶ必要があるのは、五十音の清音や濁音・半濁音の発音。

 英語では母音(vowel)と子音(consonant)です。

 

『母音と子音』と言っても、日本語の「アイウエオ、カキクケコ…」とは、音の出し方が違います。

  • 口の開け方
  • 力の入れ具合
  • 舌の位置
  • 息の吐き方
  • 喉の震え

 

など、英語の音を出す時に意識するところはたくさんありますが、母音と子音の音の出し方を身につけることが、音読学習の基礎になります。

 

綴り(スペル)と音の一致

 

 母音と子音の次は、音のかたまり。

 

例えば日本語で、「ち」+「ょ」=「ちょ」になるように、組み合わせた音の読み方を学びます。

 

英語の読み方(発音)はローマ字読みと違うので、日本人にとって少し難しく感じますが、英語のスペルに対応する読み方のパターンは、だいたい決まっています。

これを身につけてしまえば、知らない単語も読むことができ、発音がわかればスペルも書けるようになります!

 

日本語でも、音と文字の一致は練習します。

 

英語の発音

 

大人になると当たり前のことも、子供の頃は間違えたり、忘れちゃったりすることもあったんです。

 

英語の発音は、どうやって学べばいいの?

 

ここまで、「英語の母音・子音」「綴り(スペル)と音の一致」を学ぶ重要性について、お話ししました。

 

 英語の母音や子音、綴りに対応する発音は、どうやって学べばよいのでしょうか。

 

英語の発音

 

日本で学ぶ場合は、

 発音やフォニックスについて書かれた本+CD / DVD

 YouTube動画やネット学習 / アプリなどを活用

 英会話講師や友人から直接教えてもらう

 

…など、様々な方法がありますが、このときも自分に合った学習法や組み合わせ学習を意識してください。

 

また、1冊の本を繰り返し読んで練習するのも良いですが、しっくり来ない場合やモヤモヤする時は、インターネットで調べたり、図書館で違う本を借りたりすると、別の表現で同じことを説明しているため、理解が深まることがあります。

 

英語の発音

 

とにかく練習が大事なので、お手本のマネをしながら、口元を意識して発音の練習をしてみてください

録画や録音して、自分で確認してみても良いですね。

 

ネット上には親切なサイトや動画がたくさんあるので、英語の音の出し方が身につくように、どんどん活用してください。

 

 例:英語の音の出し方が学べる動画

 

アメリカ英語

 

イギリス英語

 

*上の動画は『ジョリーフォニックス』のもの。

視覚・聴覚・身体感覚など多感覚を使って学べることから、学習障害や発達障害を持つ子どもたちも含め、多くの人にとって楽しく、わかりやすい方法だとして、世界で広く使われています。

 

最初は難しく感じても、諦めないで!

 

外国語の発音を学ぶとき、最初から上手くできる人はいないと思います。

母国語でさえ、小学校に上がったころは、不明瞭なことがあるのです。

 

例えばイギリスでは、1年生の終わりに綴り字に対応する読み方(発音)の確認テストがあり、基準点に満たない児童はサポートを受けて、2年生で再受験します。

 

日本では、就学時検診でチェックされるほか、就学後に親御さんが心配して専門機関に相談したり、学校の先生から遅れを指摘されて、通級やことばの教室に通わせたりすることもあります。

こういった子どもたちには、口の動かし方を指導したり、音と文字のマッチングを教えたりして、今後の読み書きに負担がかからないようにサポートします。

 

それくらい、本格的な読み書きを始める前に適切な音の出し方を身に付けておくことは、大切です。

 

英語の発音をこれから学ぶ場合、最初は難しく感じても、すぐに諦めないでください。

自分に合った方法で練習を重ねることで、必ず上達します。

 

口まわりや舌、アゴが筋肉痛になったりしますが、無理をせず楽しく毎日の学習に取り入れてみてくださいね 

 

まとめ

 

  • 英語の発音の基礎は、母音・子音の音の出し方
  • 英語にも、綴りに対応する読み方のパターンがある
  • 発音も、自分に合った方法で学ぶことが大切

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました