英語は人生を豊かに出来る?大人の独学で大切なこと

学生の頃は、家族や先生に言われたり、成績や就職のためだったり、

 

 英語を学ばないといけない

 英語が出来たほうが有利だ

 

…と思う状況や理由がありました。

 

でも、大人になると、英語を学ぶ目的は人それぞれ。

仕事で必要な人もいれば、趣味で身につけたいと願う人もいます。

 

そして、希望通り英語が出来るようになれば、「金銭的な豊かさ」や「心の豊かさ」を得ることも可能。

人によって「豊かな人生」の定義は違いますが、英語習得の目的を達成して、嬉しくない人はいないと思います。

 

ただ、途中で挫折してしまったり、頑張って勉強したのに出来るようにならなかったりしたら、逆に惨めな気分になってしまうことも…。

 

では、どうすればよいのか?

 

今回は、大人になってから英語を学ぶとき、大切なことをご紹介します。

 

大人になって、なぜ英語を学ぶのか?

 

中学では、

みんな学ぶから…?

 

高校では、

将来役立つと言われて…

 

大学では、

就職に有利だと思って。

 

では、大人になったら?

 

自分の人生を豊かにするために

自分の目的を明確にする

 

大人になって英語を習得しようと思う人は、何かしら目的や希望を持っていると思います。

 

例えば、

 英語で観光ガイドの仕事をしたい

 外国人の友達をたくさん作りたい

 英語圏の国に住んでみたい

 

…など、大人になれば行動の自由も広がり、新たな挑戦にわくわくします。

英語を学ぶ目的を考えるとき、ぜひ自分が本当にやりたいことを優先してみてください。

 

まずは、楽しい自分の将来を考えるだけでも、心は豊かになります。

 

ネガティブな考えは排除する

 

「英語が出来る」ことに対する価値や評価は、人それぞれです。

英語を学んでいると、横やりを入れてくる人がいたり、SNSやネット上の情報をみたりして、不安になることも…。

 

例えば世の中には、

『大人になってから、自然な英語を身につけるのは不可能。』と言う人がいます。

『将来、人工知能(AI)のおかげで、英語を使う仕事はなくなる。』と言う人もいます。

 

英語学習を進めていく上で、他人のアドバイスを聞くのは良いですが、否定的な意見は出来るだけシャットアウト

せっかく素晴らしい目標を掲げたのに、他人にやる気を削がれては、もったいないです。

 

嫌いな人や自分を応援してない人を見返してやろうと、ムキになる必要もない。

周りの声に惑わされず、自分を信じて、楽しく学習に取り組むことが英語上達につながります。

 

自分が信じるべき、2つのこと

自分にとっての価値

 

英語が出来て、周りから『カッコイイ』と言われて心が満たされる人もいれば、転職して収入が増えることで、幸せを感じる人もいます。

 

人と比べる必要はないので、大切なのは、自分にとって価値があると信じ、目標に向かって英語を学ぶこと。

 

他人の意見がどうであれ、自分の時間を使って、英語を学ぶと決めたのは自分

学習時間や教材費などをムダにしないためにも、自分の考えを信じて、目標に向かって取り組んでみてください。

 

自分自身のこと

 

自分にとって、英語習得がどれだけ重要であっても、実際に習得出来るかは、また別の話。

 

でも、大切なのは「自分なら出来る」と、自分の能力や可能性を信じることです。

 

英語を学ぶのも自分で、将来、英語を使うのも自分。

 

『英語苦手だし…』と思って学習していると、自分の成長を妨げてしまうことも。

苦手意識があるときも、『リスニングは得意だから、何とかなる!』と前向きに取り組む人のほうが、上達は早いです。

 

まとめ

 

  • 『豊かな人生』の定義は人それぞれ、でも英語は生活や心を豊かにできる
  • 『大人になって、なぜ英語を学ぶのか』自分の考えに自信を持つ
  • 勉強するのは自分。能力や可能性を信じて取り組むことも大切

コメント

タイトルとURLをコピーしました