英語が話せない、話すのが苦手な人が話せるようになる3つの秘訣

英語の話

 

うまく英語で話せない

そもそも人と話すのが苦手

 

英語で話す機会があっても会話が続かない、日本語でも人と話すのはあまり得意じゃない…と悩む人は多いのではないでしょうか。

 

私も子どものころは「場面かんもく」だったくらい、人と話すことや人前で話すことに苦手意識がありました。

でも今は、英語で話すことが好きだし、色んな人と話すことが楽しいです^^

 

英語で話すとき、人と話すとき、立ちはだかるのは「言葉の壁」より「心の壁」。

苦手意識をどうにかするには、勉強以外にも大切なことがあります♡

 

ということで今回は、英語が話せない→話せるようになる3つの秘訣をご紹介します。

 

英語が話せない→話せるようになる3つの秘訣♪

1.自分がつくっている「壁」に気づく

自分を守るために壁をつくる

 

英語で話す機会があっても、ついつい「英語話すの苦手なんです…!」と言ってしまったり、話しかけないでオーラを出してしまったりしていませんか?

 

  • 失敗したくない
  • 間違えたくない
  • 恥をかきたくない

 

「英語ができない」「話すのが苦手」という言葉の裏には、不安や恐れなどの気持ちがあると思います。

壁をつくって自分を守ろうとするのは、自然なことですよね。

 

しかし、会話をするときに壁があると相手と話す妨げになってしまいます。

 

英語で話すため、人と話すため、最初の一歩は自分のつくっている「壁」に気づくこと。

気づくことができれば、意識して壁をつくらないようにしたり、前に進む自分をサポートしたりするのに力をつかうことができます。

 

ニャー

失敗を恐れずに話してみるってことだよね?

でも、それがけっこう難しいんだよにゃ~

 

ネコ好き 管理人

うん、そうだよね。

じゃあ、そんなときに役立つ秘訣も紹介するね♪

 

2.笑顔で「あいさつ」から始める

あいさつ

 

会話の基本は「あいさつ」。

相手の顔を見て、笑顔であいさつすること♡

 

Hello! Hi! How are you?

知っている言葉、シンプルな表現で大丈夫。

 

あいさつするのは気持ちがいいし、相手との距離も縮まります。

自分と相手の間にある「壁」を壊す助けにもなります。

 

あいさつは会話を始めるきっかけになりますよね。

ちょっとしたことですが、あいさつができるようになると「もっと話したい」という気持ちや自信もわいてきます。

 

ニャー

そういえば、小学校で「あいさつ・あんぜん・あとしまつ」って習ったにゃ~。

でも、あいさつの後は何を話したらいいんだろう…?

 

ネコ好き 管理人

心配しなくて大丈夫^^

相手と会話しながら話す力を伸ばす方法があるよ♪

 

3.相手に興味を持つ

相手に興味を持つ

 

あいさつの後、「何か話さなきゃ」と焦らなくても大丈夫。

自分のことをベラベラ話すより、相手に興味を持って質問してみましょう♡

 

例えば…

  • How are you?(元気?)
  • How was your day?(今日はどうだった?)
  • What are you reading?(何を読んでるの?)
  • Do you like cats?(猫は好き?)

 

「自分はどう見られているか?」「自分の英語は正しいか?」を気にするよりも、相手に興味を持つことで会話も楽しく、気持ちも楽になります。

 

質問すれば、相手は答えてくれますよね。

自分が質問されたときは、相手の答え方をまねて返事をすればOKです♪

 

最初は相手の英語が聞きとれなかったり、うまく話せなかったりしてヘコむかもしれませんが、どんなときも自分を応援してあげてください。

小さなことでも、できた自分をほめてあげてください。

 

そうしているうちに、英語が話せるようになって、人と話すことも楽しくなってきます。

 

ニャー

よ~し!

ニャーも質問を準備して、あの子と話しに行ってくるにゃ~^^

 

関連記事人の目が気になって英語が話せない…上達のために変える2つのことは?

まとめ

 

英語が話せない→話せるようになる3つの秘訣

 

1.自分がつくっている「壁」に気づく

2.笑顔で「あいさつ」から始める

3.相手に興味を持つ

コメント

タイトルとURLをコピーしました