【学習のコツまとめ】英語を効率的に学ぶ・身につける方法

この記事では、英語を効率的に学ぶ・身につける方法をまとめてご紹介します。

 

英語を学ぶ目的を明確にする

 

英語を効率的に学ぶとき、最初に必要なのは「自分の目指している場所(目的)」を明確にすること。

 

何のために英語を学ぶのか

英語が出来たら、やりたいこと

 

…など、具体的にどんな場面で英語を使うのか考えられると良いです。

 

具体的な使いみちではなく、『英語が出来る』ということをゴールにしてしまうと、

 

“出来る”の基準があいまい

何を学べば良いか、迷いやすい

 

…ということになり、学べば学ぶほど無意識のうちに「出来る」の基準を上げてしまったり、自分にとって優先順位の低いことを先に学んだりしてしまう可能性があります。

 

目標設定&学習計画を立てる

 

A goal without a plan is just a wish.

計画のない目標は、ただの願い事にすぎない。

ーAntoine de Saint-Exupéry(サン=テグジュペリ)

 

目標を決める

目的を明確にしたら、そのために必要な目標と学習計画を立てることが上達への近道。

 

『初心者』『中級者』とレベル分けされても、1人ひとり、いま持っている知識やスキル、そして英語を学ぶ目的も違うため、自分について考えることが大切です。

 

現在地(いま出来ること)を知る

必要なスキル・知識の優先順位を考える

目的地にたどり着くための目標を設定する

 

学習計画や目標は、自分を縛り付けるためのものではないので、実際に学習を始めてみて、足りないことや上手く行かないことは、その都度調整すれば大丈夫です。

 

自分に合った方法で学ぶ

 

同じ “英語を学んでいる日本人” でも、得意な勉強の仕方は人それぞれ。

 

オススメの勉強法

初心者向けの学習方法

学校では教えてくれない方法

 

…など、色々試して、頑張っているのに思うような成果が出ない人は、『自分に合った学び方』について、一度確認してみてください。

【大人の英語学習】自分に合った勉強法とは?時間を有効活用しよう♡
どんな学び方で英語を身につけるか迷ったら、自分に合った方法を確認するのがおすすめ♡この記事では、自分に合った勉強法についてご紹介します。

 

1つの学び方に絞るというより、自分の得意・好み、ライフスタイルに合わせて、いくつかの方法を組み合わせたり、取り組む順番を工夫したりすることで、学習効果がアップします。

 

すぐに最適な方法は見つからないかもしれませんが、自分に合った勉強法を構築することで、英語以外の学習や仕事の仕方にも応用できます。

 

英語の『音』の出し方を学ぶ

 

英語の音の出し方(発音)を最初に確認することは、効率的に英語を学ぶためにとても重要です。

 

英語の発音が身についてくると、

 

音読が楽しくなる、楽になる

英単語のスペルを暗記しなくて良い

リスニング力もアップする

 

…など、良いこと尽くめで、自分の英語力に自信が持てるようになります。

 

最初から発音をマスターする必要はないので、発音の練習をしつつ、学んだことを意識して他の学習にも取り組んでみてください。

 

発音を学ぶのは、高額な英語塾や教材でなくても、YouTube動画や2~3,000円のDVD付きの本でも十分です。

「この人みたいに話したい!」「口を見つめてても飽きない!」という人(DVD教材・動画)から学ぶとモチベーションもアップして良いと思います。

ネイティブも発音を学ぶ?英語の音読学習をする前に…
音読学習をする前に、英語の『音』の出し方を知っておくことは、とても重要です。日本の学校で英語を習って『発音にあまり自信がない』という方も、英語の発音を身につけるのは今からでも遅くないので、一度確認してみてくださいね。

 

学習のバランスを考える

 

英語上達のためには、バランスよく学ぶことも重要です。

 

読む(リーディング)

書く(ライティング)

聞く(リスニング)

話す(スピーキング)

 

…の4つの知識・スキルを上手く組み合わせて学ぶこと、そして、復習することで英語が身につき、実際に使えるようになります。

 

「机に向かう時間は長いけど、英語がなかなか上達しない」という方は、インプット(読む・聞く・見る)学習より、アウトプット(自分の言葉で書く・話す)学習の時間を増やしてみてください。

 

使いながら学ぶ

 

使える英語を身につけるためには、積極的に『使う』ことが大切。

『初心者だから…』と臆せずに、英語を使う機会を作ってみてください。

 

独学で英語を勉強している場合でも、英語学習サイトやアプリを使えば、無料もしくは低価格で英会話やチャット、ペンパル、添削などのサービスを利用できます。

 

『話したり、聞き取ったりするのは、まだ不安…』という方は、テキストチャットやEメールペンパルから始めてみても良いですね。

わからない単語を調べたり、自分の言いたいことを考えたりしながら、マイペースで進めることが可能です。

 

自信を持つ

 

英語を習得するには、まず自分の能力を信じること。

 

そして、実際に英語を使うときに、自分の英語に自信を持つことです。

 

相手の英語が聞き取れなかった

自分の英語が通じなかった

 

…ということがあっても、相手が早口だったかもしれないし、自分と同じ英語学習者かもしれません。

 

そういうときは、どちらが悪い・英語が出来ない、というのではなく、聞き直したり、違う表現で説明したりすれば大丈夫です。

上達するためには『英語が苦手』って前置きをやめてみる
色々な人と話したり、メールでやりとりをしたり、今は自分が英語を教える側になって、「英語は苦手」って言わないほうが上達する!…と思ったので、その理由をまとめています。

 

※随時更新中

コメント

タイトルとURLをコピーしました