リエゾンだけ練習しても通じない?英語の発音上達のために大切なこと

「カタカナ発音とか、かっこ悪いよねー。ネイティブっぽく話すには、とりあえずリエゾン練習しとけば大丈夫~。*ガリッ?」

*(Got it? / わかった?)

 

確かに、単語同士がくっついて発音されるリエゾン(リンキング)が出来ると、流暢な英語に聞こえるかもしれません。

 

でも、日本語訛り / カタカナ発音を何とかしたくてリエゾンを学ぶのなら、その前にもっと基礎から練習することをおすすめします^^

 

リエゾンだけ練習しても、通じない?

 

 リエゾンだけ練習しても、通じないんです。

 

例えば、an apple。

 

『a』や『n』の音の出し方が身についていないのに、リエゾンをして英語風に発音しても、

  •  アナッポー(an apple)

 

…それは、カタカナです。日本語です。

 

日本人の英語に慣れている人には通じるかもしれませんが、その他の人にはリンゴが目の前にあっても通じない可能性があります。

 

  • キャナイハバナッポー? (Can I have an apple?)

 

これは、もう、何かの呪文を唱えていると思われるかもしれません。

 

かっこいい発音のために大切なのは?

 

 自分の今の発音がイヤ

 日本語訛りが恥ずかしい

 今すぐ何とかしたい!!!

 

…という場合でも、自分の発音をごまかす方法を探すより、基礎を確認&練習することを強くおすすめします。

 

『基礎』とは、英語の音の出し方、母音・子音、小さな音のかたまりです。

 

これが出来るようになれば、英語風のカタカナ語「アナッポー」より、「an apple」とはっきり発音した方が英語らしいですし、相手にも通じます。

 

そして、発音の基礎を身につけて英語を話しているうちに、リエゾンした方が自分も発音しやすいので、無理に学ばなくても自然と出来るようになってきます。

 

まとめ

 

  • 英語の発音矯正・上達のためにはリエゾンより先に基礎を確認する
  • 英語の音の出し方、母音や子音を繰り返し練習することが大切
  • リエゾンは無理に学ばなくても、そのうち自然と出来るようになる

コメント

タイトルとURLをコピーしました