大人になってから英語を習得するために大切なマインドセット

大人になってから、外国語を学ぶのは難しい。

 

そう感じている方は多いと思います。

 

 頭がカタくなった…

 単語や例文が覚えられない…

 

など、「子供のときに、英語を習得していれば…!」と後悔している人もいるかもしれません。

 

しかし、ガッカリすることは無いのです 

 

大人に子供の柔らかアタマを移植する技術がなくても、大人も真似できる言語習得の方法があります。

 

大切なのは、間違いを恐れないこと

 

幼い子供たちが新しい言語を吸収できるのは、言語習得期にあることと子供らしい行動のためです。

 

それは、間違いや失敗を恐れないこと。

 

幼い子供たちは『何が正解で、何が間違いか』知りません。

 

赤ちゃんは、何も知らない状態で、この世界にやってきます。

そのため、言語を勉強するというより、日々の生活の中で言葉や意味を習得していきます。

 

家族やテレビの真似をしたり、最初は言葉になっていなくても、伝えたいことを自分のできる範囲で表現したりします。

 

「冒険マインドセット」で行動する

 

成長するにつれて、子供はいろいろな経験をして、知識も身につきます。

学校で勉強するようになると、ほとんどの場合『答え』があり、「正解することは重要」になってきます。

 

間違ってたら、恥ずかしい。

 

これは、大人になって英語を学び直すときも、多くの人が感じることです。

そして、間違えないために、さらに正しい知識を増やそうとします。

 

壁をつくる

 

自然なことですが、英語を習得するのは、難しくなってしまいます。

 

・・・では、どうすればよいのでしょうか?

 

大切なことは、「楽しむ」こと!

子供の頃のように、まずはいま持っている知識を活用しながら、英語を練習してみることをオススメします。

 

自分の言葉で書いてみる(話してみる)

 

自分の現在のレベルに合わせて、

 

 身の回りのモノの名前を英語で言ってみる

 主語+動詞+α の基本的な文を作ってみる

 

などからで大丈夫です。

難しい単語を覚える前に『意外と身の回りの英語を知らなかった!』という場合もあります。

 

文を書く時は、例文を調べてその通りに暗記するより、自分の言葉で書いて間違えたほうが習得は早いです。

日本語でも、人それぞれ使う言葉や表現が違うように、英語も『例文=たった1つの答え』ではありません。

 

ブロック

 

でも、自分では正しいか、間違っているか、わからない!

 

ということも多いと思います。

 

自然な表現かどうか、英語が出来る人に確認してもらうのが一番良いとは思いますが、毎回チェックしてもらうのは大変なので、自分で添削してもOKです。

 

とにかく少しでも早く英語を習得するためには、間違っていても良いので、どんどん英語を使うことが大切です。

 

『間違えたくない』という心理ブロックを解くのは、そう簡単ではないと思いますが、自分にストレスのかかりにくい方法で挑戦してみてください

 

まとめ

 

  • 英語学習も『失敗は成功のもと』!
  • たくさん間違えることで、学ぶことも多い
  • だから慎重に学ぶより、早く英語が使えるようになる

コメント

タイトルとURLをコピーしました