猫のしつけ:子猫のうちに慣れさせたいこと&注意点

ネコの話

 

猫/子猫を飼うことになったとき、いちばん最初に取り組むのはトイレトレーニングではないでしょうか。

 

子猫の場合、はじめはケージのあちこちにオシッコをしていても、トイレを用意してあげれば比較的短期間で覚えます。

 

では、多くの飼い主さんが苦労していることは何か…?

それは爪切りです!!!

 

子猫のうちに慣れさせたいこと

 

 子猫のうちに慣れさせたいのは、爪切り。

なかにはリラックスして爪を切らせてくれる子もいますが、嫌がる猫ちゃんがけっこう多いです。

 

ニャー

でもさ、ニャーたちは自分で爪とぎしてるよ!

飼い主が爪を切らなくてもいいんじゃない…?

 

あまりにも爪切りに抵抗されたら、「うちの子は爪とぎしてるから、爪切らなくてもいいか…」って気分になりますよね。

 

しかし、爪を切らずに放っておくと、爪が肉球に刺さって病院行きになるかもしれません。

(ニャー家では過去に2回なりました…)

 

ネコの肉球

 

爪が肉球に突き刺さるのは、十分に爪をとげなくなったシニア猫が多いかもしれませんが、子猫のころから爪切りに慣れておけば心配無用です^^

 

肉球に刺さらなかったとしても、爪が伸びているとカーテンや布にひっかかって危険だし、床や家具を傷つけてしまいますよね。

 

キャットタワー

 

子猫のうちから爪切りに慣れさせるために

  • 普段から猫と触れ合う、安心させる
  • 爪を切るときに手や肉球を強く押しすぎない
  • 優しく触れて、素早く爪を切る

 

猫の爪

 

猫ちゃんに「爪切りは怖いもの、痛いもの」という経験をさせないことが重要!

自宅で爪を切るのが難しい場合は、動物病院やペットサロンでやってもらってもいいと思います。

 

でも、爪切りが嫌いな猫ちゃんは警戒心が強かったり、キツめな性格だったりするので、頻繁に病院に行くのは大きなストレス。

できれば子猫のころから爪切りに慣れて、お家で切れるといいですよね^^

 

ニャー

爪切りは大事なんだにゃ~

長毛種でシャンプーが必要な猫ちゃんも、小さいころから練習できるといいよね♪

 

子猫のころから注意したいこと

 

 飼い主の手で遊ばせない!!

かわいい猫ちゃんの注意をひくため、ついつい「飼い主の手」を猫の前で動かしたり、捕まえさせようとしたりしていませんか?

 

子猫のときはまだいいかもしれませんが、猫ちゃんが「飼い主の手=遊ぶもの」と認識してしまうと…

 

  • 噛みつく
  • 捕まえようとしてひっかく
  • 捕まえてケリケリ

 

などして、成長して力が強くなると本当に痛い!!!

一度覚えたら、やめさせるのも大変です。

 

そうならないためにも、小さいころから飼い主の手では遊ばせない。

じゃれ合ってケリケリしてもいいもので遊ばせるようにしてみてください^^

 

ニャー

ニャーたち猫はかわいいから、甘やかしたくなっちゃうよね♡

小さいころからの育て方は大切なんだにゃ~

 

まとめ

 

子猫のうちに慣れさせたいこと&注意点

  • 子猫のうちに爪切りに慣れさせる
  • 飼い主の手で遊ばせないよう注意する

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました