100均グッズで簡単!暑い夏におすすめ猫用ひんやりベッド

ネコの話

 

そろそろ暑い日も増えてきて、猫ちゃんが冷たい床にぺったり寝そべる時期ですね~^^

 

今回は、ニャー家で昨夏大人気だった手作りひんやりベッドをご紹介したいと思います。

 

“手作り”と言っても、針や糸は不要です。

テープすら要りません♡

 

ニャー

100均グッズを置くだけで簡単にできるので、ぜひ試してみてね♪

ひんやり冷たくて気持ちいいにゃ~^^

 

100均グッズで簡単!暑い夏におすすめの猫用ひんやりベッド♡

用意するもの

  • バスケット 2個
  • 保冷剤
  • バスケットに敷くもの(タオルや段ボールなど)

 

猫用ベッド材料

 

同じバスケットを2つ重ねて使います。

 

ニャー家では書類を入れるプラスチックのバスケットを使っていますが、絶対これじゃないとダメってことはないです。

猫ちゃんが気に入れば何でもOK!

 

バスケットのサイズは、

  • 3.5kgの猫ちゃん→A4サイズ
  • 5kgの猫ちゃん→B4サイズ

くらいを目安に、体長や体格、猫ちゃんの好みに合わせて選んでみてください。

 

ちなみに、ニャー家の姉妹猫(約5kg・ぽっちゃり)のうち1匹は箱座りでちょこんとA4サイズに入るのが好きで、もう1匹はB4サイズでゆったり寝るのが好きです。

たまに2匹でギュウギュウになってB4サイズに入っていることもあります♡

 

ひんやりベッドの作り方

  1. 保冷剤を凍らせておく
  2. 凍った保冷剤を下段のバスケットに敷く
  3. 上段のバスケットにタオルや段ボールを敷く

 

猫用ひんやりベッド

 

これで完成です!!!

猫ちゃんがホイホイ入ってくるはず♪

 

保冷剤の上にプラスチック1枚だと冷たすぎると思うので、上段のバスケットにはタオルや段ボールなどを敷いて調節してあげてください^^

※水染みやカビができないよう、風通しのいい場所に置く/何日も放置しないことをおすすめします。

 

ニャー

ニャーの家では、キャットタワーの下に置いて毎日保冷剤を交換してるよ。

バスケットだから持ち運びも楽で便利だにゃ~^^

 

一昨年の夏はジェルマットを買ったのですが、猫の爪でビニールが破れてジェルが出てきてしまいました。

そこで、「何かいい方法はないかな~」と考えていたところ、このバスケットを使ったベッドを思いつきました!

 

プラスチックなら破れないし掃除も簡単、狭いところが好きな猫ちゃんも大喜びです♡

夏以外の季節は、保冷剤を使わずに普通のベッドとして活用できます。

 

ぜひ試してみてください♪

 

100均じゃないけどおすすめの夏用ベッド

ニャー家では、今年の夏に向けて新たなベッドも用意しました^^

家族がホームセンターで買ってきたのですが、2,500円くらいだったらしいです。

 

猫用夏におすすめのベッド

 

普通のペット用ベッドに見えますよね。

でも、内側が保冷バッグのようになっていて中に保冷剤を入れて使えるんです♪

 

↑こちらは、貝沼産業の「New パイルマット クールジェル」という商品。

ベッド+専用の保冷ジェルも1個ついていました。

 

ニャー家にあるのはLサイズで、5kgの猫が2匹寝られるくらいの大きさです。

1匹で大きくなって寝たい子もいるので、よく取り合いになっています^^

 

布製のベッドはかじったりひっかいたりして壊されてしまう…というお家は、↓こんな感じのベッドもおすすめです。

 

 

これはドギーマンの犬用ですが、ニャー家の猫たちは気に入って使っています。

 

5kgの猫1匹が大きくなって寝るのにちょうどいい広さです。

7kgや8kgある大きい猫ちゃんが丸まって寝るのにも問題ないくらい広いです。

 

いつも布製のベッドは半年くらいでボロボロになってしまうのですが、このベッドは購入から1年以上経った今も全然壊されていません♪

 

あとは、知人からもらったアルミプレートもけっこう人気です!

手で触ってみると、やはり床より冷たいので、暑い夏は気持ちよさそうですね。

 

猫ちゃんもそれぞれ好みがあると思うので、ぜひ色々試してみてください~^^

 

ニャー

ニャーのお気に入りは、保冷剤を入れられるベッドかな~?

新しいもの好きだからってのもあるけどね!!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました