猫の肺炎って治るの?ニャー家の場合(症状や治療などについて)

ネコの話

 

獣医さんは『すぐ治ります』とは言わないし、インターネットで調べれば『予後が悪い』なんて書いてある…。

猫ちゃんが肺炎になったら、飼い主さんは不安な気持ちになりますよね。

 

ニャーの家では、これまで2匹が肺炎になりました。

1匹は亡くなり、1匹は回復。

 

肺炎になった猫は13~14歳、どちらもオス・雑種。

別の年ですが、肺炎になったのは2匹とも1月でした。

 

ここでは

  • 病院に連れて行く前の異変や症状
  • 通院・治療・経過やかかった費用など

について書きたいと思います。

 

猫ちゃんの状態や肺炎の原因などによって治療方法や予後は違うと思いますが、すこしでも何かの参考になれば幸いです。

 

猫の肺炎:症状や治療、経過などについて(ニャー家の場合)

 

まずは、亡くなってしまった猫ちゃんの話から。

この猫はすでに腎臓病末期の状態で、肺炎で亡くなったというよりは、最後のとどめが肺炎だったという感じです。

 

肺炎になるまでのこと

1ヶ月ほど前から自力で食べることが難しくなり、飼い主がシリンジでペースト状のエサをやっていました。

腎臓病の点滴のため、定期的に通院。

 

トイレに行ったり、水を飲みに移動したり、ということはできたのですが、ある日、床の上にベターっと横たわって苦しそうにしていたので病院へ。

 

当時の状況&症状

  • 冬なのに冷たい床の上にいた(倒れていた)
  • 息が苦しそう、お腹を見て呼吸が速いのがわかる

 

異常に気づいてすぐ獣医さんに連絡し、病院に行きました。

 

肺炎になってからのこと

病院で診察&レントゲンを撮ってもらい、

  • 肺が白く写っている
  • 肺炎で危険な状態

と診断を受けました。

 

「入院しても治るわけではない」と言われたので、そのまま一緒に帰宅。

「暖かくしてあげて、明日も来てね」と獣医さんから言われましたが、翌朝亡くなりました。

 

ニャー

猫ちゃんも飼い主もよく頑張ったよね!!

お別れはさみしいけど、あの子ならブツブツ言いながらどっかから見てると思う♡

 

では、次に回復した猫ちゃんの話です!!

 

肺炎になるまでのこと

この猫ちゃんは肺炎になる1ヶ月ほど前に食欲がなくなったので、病院に行きました。

血液検査の結果、「腎臓の数値が悪いので、お薬を飲んで様子を見ましょう」とのこと。

 

その日は病院で点滴をしてもらい、1ヶ月分の薬(腎臓病用)をもらって帰宅。

数日で食欲も戻り、普段通りの生活をしていました。

 

しかし、約1ヶ月後。

そろそろ次の薬をもらいに病院に行こうと思っていた矢先、何だか猫ちゃんの元気がないことに気づきました。

 

当時の状況&症状

  • エサを食べに来ない
  • アゴを10cmほどの台にのせ、いつもと違う姿勢で寝ている
  • お腹を見ると、呼吸がすこし速いのがわかる

 

この状態に気づいたのが朝の5時ごろ。

前に肺炎になった猫ちゃんに比べ、そんなに苦しそうではなく、熱もなさそうだったので、「すこし体調が悪いのかな?」程度に思っていました。

 

朝9時、病院へ。

レントゲンを撮ることになり、『肺の部分が白くなっています、肺炎ですね』と言われてしまいました…。

 

肺炎になってからのこと

今回も入院はせず、一緒に帰宅。

 

家に酸素室を準備することも考えたのですが、前の猫が1日で亡くなってしまったため、前向きになれず…。

今できる限りのことをして、看病することにしました。

 

それから1週間、休診日も含めて毎日通院し、毎回注射2~3本。

呼吸が速いのは1日程度で収まってきて、食欲は3日目くらいからすこしずつ出てきました。

 

1週間通院後は、1週間分の薬をもらい、経過観察。

ドライフードを自分で食べたり、高い場所にジャンプしたり、肺炎になる前と同じくらい元気になりました!!

 

療養中に気をつけたこと

肺炎と診断されてからは、獣医さんに言われた通り

  • 暖かくする
  • 栄養をとる

ことを心がけました。

 

最初は自分では全く食べなかったので、液状やペースト状のエサをシリンジに入れ、飼い主が給餌。

このとき与えていたのは、「ヒルズ プリスクリプションダイエット 回復期ケア a/d チキン」と「チャオ エナジーちゅ~る」です。

関連記事病気・高齢猫の食欲がない!おすすめのエサや食べさせ方は?

 

日中は、いつも日向ぼっこしていた場所にふわふわのベッドや毛布を置いて寝かせ、夜間も暖房をつけて部屋を暖かくしていました。

 

他の猫と部屋をわける必要はないと獣医さんから聞いていたので、他の猫ちゃんたちも一緒に昼寝したり、エサのおこぼれを狙って寄ってきたりしていました。

 

かかった費用

最初の診察+レントゲンが約1万円。

1週間通院して2~3本注射を打ってもらっていたときは、1日3,000円くらいかかりました。

 

かかる費用は猫ちゃんの症状や動物病院によって違うと思います^^

 

まとめ

 

  • 猫の肺炎は治ることもある!
  • 異常に気づいたら、できるだけ早く病院に行こう!
  • 自力で食べられないときは、飼い主が給餌しよう(獣医さんの指示にしたがう)!

 

ニャー

栄養のある食事をとって、睡眠も大事だよね?

ニャーも今からお昼寝だにゃ~

コメント

タイトルとURLをコピーしました