猫の避妊手術後、縫い目から何か出てきて焦った話

猫の避妊手術後

 

ニャー

去年の今ごろ、ニャーの仲間が避妊手術を受けたんだ。

そのとき起きた事件について報告するね!

 

生後6ヶ月の子猫が避妊手術をしたときのお話です。

病院から帰宅後、縫い目が開いて何か出てきたのですが、深夜でどうしたらいいかわからず1人泣きそうになったので、ここに経過を記しておきたいと思います。

 

悲しい結末にはならないので、安心して読んでください!!

 

避妊手術後、縫い目が開いてきた…?

 

この日は、姉妹ネコ2匹が日帰りで避妊手術を受けました。

10年以上お世話になっている獣医さんで、イヌ・ネコの去勢&避妊手術を何度もしていただいてます。

 

今回もいつもどおり、朝病院に預けて昼に手術、当日の夜に帰宅というスケジュール。

こんな感じで、お腹の毛を剃って開いた部分をガシッと縫合してもらいました。

 

猫の避妊手術後

 

「しっかり縫ってあるから普段どおりで大丈夫」と先生から聞いていたので、帰宅後も術後服やエリザベスカラーをつけずに遊ばせていました。

ネコたちは、ときどき縫い目を舐める以外いつもと同じ様子で元気です。

 

夜7~8時ごろ帰宅し、人間たちがご飯を食べたり、片付けをしたりした後の10時ごろ。

避妊手術を受けたネコ2匹のうち1匹がしきりにお腹を舐めていたので、「そんなに舐めないほうがいいんじゃない?」と思い、近づいてみたら・・・

 

避妊手術後の傷口が開く

 

あれ?もしかして縫い目が開いてきてる!?

 

先生に電話しようと思ったのですが、本人(ネコ)はいたって元気だし、縫い目が開いてると言っても本当にちょっとだけで、出血もしてないようだし…

もう夜も遅いので次の日朝1番で病院に行こうと、その夜は様子を見ることにしました。

 

縫い目から中身(?)が出てきた!

 

これ以上傷口が開かないようにガーゼや包帯で保護しようとしたり、エリザベスカラーをつけたり、ケージに入れたり…

飼い主は必死になって色々やっていたのですが、とにかく当のネコが元気で動きまわる!!

 

あまり刺激を与えないようにと遠くで見守っていたら、深夜1時ごろ…

 

避妊手術後の経過

 

え!?何か出てる!!!???

 

縫い目が開いた部分から、5mmほど何かが顔を出していたのです…。

飼い主が『どうしよう?どうしよう?』と焦っている間、その何かは翌朝までに3cmくらいの長さまで出てきました。

 

ニャー

避妊手術して男の子になっちゃったのかにゃ~?

(今だから言える冗談…)

 

そのときは生きた心地がしないほどパニックだったので詳しい傷口の状況とかは覚えてないのですが、とりあえずネコは元気でした。

 

そして、朝1番で病院へ…。

先生は『こんなこと初めて!!』とビックリしており、ネコさんは入院。

 

出てきたのは「脂肪」だったそうで、お昼にもう1度縫合してもらい、夜に帰宅しました。

 

今度はエリザベスカラーをつけて過ごし、経過順調で2週間後に抜糸。

抜糸するときも暴れまくって大変でしたが、その後何もなく元気なので良かったです♡♡

 

まとめ

 

避妊手術後に何かが出てきて焦った話

● 避妊手術後に縫い目から脂肪が出てきた

● 翌日、病院に行って縫い直してもらい一件落着!

● 今度はエリザベスカラーをつけて過ごし、2週間後に抜糸

 

ニャー

あの子は本当に元気いっぱいだから、想定外の暴れっぷりだったんだね。

でも、元気なのは良いことだにゃ~!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました